みんな気になる税理士の年収についての情報をまとめたサイト

>
この記事をシェアする

年収の男女差と、独立した場合の年収

税理士の年収の男女差

世間一般では、男性の方が女性よりも給与が高くなっています。
男性なら稼げるのに、女性だと稼げない職業が少なくないのが現状です。
男性の平均給与が約520万円、女性の平均給与が約280万円であることが、この問題を如実に表しています。
女性の労働について、様々な政策が実行されていますが、日本全体でこの課題が解決されるのはまだ先のことになるでしょう。

では、専門的職業とされる税理士業においては、賃金の性差はどうなっているのでしょう。
公認会計士・税理士の男性の平均年収は、910万円強となっている一方、女性の同業の平均年収は、755万円程度となっています。
男女間で格差が存在しますが、比較的その差は小さいと言えるでしょう。

独立した場合の収入

税理士には、独立という選択肢があります。
というのも、いわば「手に職」がある状態ですから、会社を辞めてしまっても完全に路頭に迷うということはないからです。
独立開業して高額の収入を得ている税理士は決して珍しくありません。
そして、そうした人が税理士の平均年収を引き上げている側面は否定できません。

独立した場合、若くして高い給料を得ることができます。
確かなデータはありませんが、数千万レベルの年収を得られるようです。
しかし、すべての独立税理士が高収入を得られるわけではありません。
経営がうまくいかなければ、300万、400万程度に落ち込んでしまう場合もあります。
まとめると、独立した税理士の年収は、その人の手腕に大きくかかわってくるため、一概には言えないが、成功すれば年収数千万を達成できるということです。


Copyright © 気になる!税理士の年収はおよそいくら?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る