みんな気になる税理士の年収についての情報をまとめたサイト

>
この記事をシェアする

年齢と企業規模による税理士の収入の違い

年齢別、税理士の給与

税理士の年齢別の給与はどうなっているのでしょうか。
最初から稼げるのでしょうか。
あるいは、ある程度の年齢まで生き残った一部の猛者が、全体の平均給与を引き上げているのでしょうか。

厚生労働省によれば、年齢別の平均給与は以下のようになっています。
20歳から24歳までの年収は、平均して約620万円です。
25歳から29歳までの平均年収は、すでに800万円弱になっています。
入社したてのころから、民間全体の平均年収をやすやすと超えており、若いころからかなり稼げる職業だと言えます。

若いうちでこれですから、さらに年を重ねると年収は驚くべき程高くなります。
30歳から34歳で895万円、35歳から39歳で1,030万円と、まだまだ若いといえる30代で1千万の夢の大台を達成してしまいます。
若いうちからかなり稼ぐことができ、年を重ねればさらに稼げるのが税理士の給与の状況なのです。

企業規模によって年収は変わる

当然ですが、税理士の給与は、事務所によって異なります。
税理士事務所の規模は様々です。
数十人のところもあれば、1000人以上の事務所もあります。
こうした事務所の規模の差異が、税理士の給料に違いをもたらす傾向にあります。

1000人以上の従業員を抱える事務所に勤める税理士の年収は、平均して約915万円です。
一方、企業規模が10人~99人のところでは、平均年収は640万円強となっています。
規模によってかなり差があることがわかりますね。
おおむね、規模が小さい企業では年収は低く、規模が大きい企業では年収が高くなる傾向にあります。
ただし、規模が小さくても、重役にまで上り詰めれば高い給与を期待できます。
大きい企業でその規模による恩恵にあずかるか、小さい事務所でトップを取るかは、それぞれの好みや主義によるでしょう。


Copyright © 気になる!税理士の年収はおよそいくら?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る